スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

6月29日

6月29日風呂に入っていたら脳梗塞になりました。
服を脱ぐときには何ともなかったのに、湯船に入ろうとしたら右足が引っかかりました。
変だなと思いつつ、洗い場で体を洗おうとしたら石けんをつけたタオルがうまく背中に回りません。

とりあえず体を洗って頭をあらおうとしたら、シャンプーで洗う右手と左手の動きが違ってきました。
左手がシャカシャカと普通に頭を洗っているのに右手はその半分も動きません。
変だなあと思いつつシャワーで流し上がり湯を使って湯船をでようとしたら、右手に力が入りません。
右足も麻痺してきたようで湯船からでるときによっこらしょと右足を持ち上げました。

脱衣所でパジャマに着替えよと思うのですが上は着られたもののズボンがはけません。
どうしたんだオレ、と思いつつ家族を呼んで、右側がうまく動かないのだけどどうしたんだろう、と聞いていました。
妻が救急車を呼んだらと言うので、そうだな、呼んでいいものかどうか救急隊員に聞いてみようと、自分で119に電話をかけ救急隊員に聞いてみました。

今風呂に入っていたら体の右側が麻痺してきてろれつがうまく回りません。酔っ払っているせいかもしれないけれどどうしたらいいでしょう。

と聞いてみたらすぐに救急車で行きますといい15分ぐらいで救急車が来ました。

救急車到着後、手にぎれますかとか足動きますかとかきかれた後すぐさま担架に乗せられて救急搬送されました。

日赤の救急病棟に連れて行かれすぐさま脳のCTだったかMRIだったかをとられて脳出血じゃないことを確かめてから点滴が始まりました。

その後点滴は一週間ぐらい続き血栓を溶かす薬を入れ続けました。

最初の二日ぐらいは完全に右半身麻痺で寝返りの打てないような状態でしたが5日目ぐらいから劇的に回復していきほとんど麻痺も残らない感じになりました。

一週間たってからは言葉の言いにくさもなくなっていき10日ぐらいで退院することができました。

脳梗塞から生還いたしました。

とりあえず暑い日々が続いていますが元気にやっています。

多少ふらふらしたりしますが大丈夫です。

キーボードの打ち間違いが少し多くなったかな、ぐらいの後遺症で済んでいます。

2011.07.15 | | Comments(0) | Trackback(0) | ローカーボ

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

プロフィール

tetug3

Author:tetug3
山の中の川のほとりに住む
61才。
ご近所さんはサルとクマ。
2007年5月糖尿病境界型
上位の上と診断される。
あれ?糖尿病ってことかな?
その後いろいろな情報から
自分は糖尿病だとの
自覚を得る。

2007年5月
血糖値219mg/dl HbA1c9.1%
ローカーボな糖質制限食実践
2008年5月
血糖値 94mg/dl HbA1c4.8%

2011年6月29日夜、脳梗塞になりました。幸い手足に麻痺は残らず言語障害もほとんど大丈夫でした。しゃべるのが仕事なので言いにくいところをがんばって克服中です。


ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。