スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

退院後2回目の診察日。

退院してから早いものでもう一ヶ月以上立ちました。

昨日は2回目の診察日。

MRIで首の血管の検査と血液検査でした。


結果首の血管には固いところもくびれもなく健康なものでした。

血液検査も血糖値111と問題のないレベルでした。

それにしてもMRIは長い時間がかかりちょっとカユイところがあったりすると大変な事になります。

絶対に動いてはいけませんと言われると動きたくなるのが人情というものでもう大変でした。
むずむずしてうずうずして動きたくて動きたくて20分ほどと言われたのですが僕には永遠より長く思えたのでした。

今度から家の近くの神経内科の個人医院に移るとのことでした。
そこにはMRIもあるので良いみたいです。

早速行ってみたのですが、今日は混んでるから薬が終わる頃来てくださいとのことで行くのは月末になります。
どんな先生だろう。ちょっとわくわく。看護婦さんは可愛い娘さんが揃っている医院でした。

2011.08.18 | | Comments(2) | Trackback(0) | ローカーボ

コメント

いろいろあります。

 いや、こちらがてんわわんやしている間に、大事件でしたね。ご無沙汰してすいません。まさしく、油断大敵。
 ところで、脳梗塞の種類は把握されていますか? 

 日本脳神経外科学会 脳疾患情報ページ
 http://square.umin.ac.jp/neuroinf/medical/105.html

 悪質ではないラクナタイプで、その出場所が悪かったってことだろうと推測していますが、やっぱり小さくても<つまる>のは危険です。
 万一、アテロームタイプや心原性の血栓が飛んできたのだとしたら、心筋の撮影も検討しなきゃいけないと思います。

2011-09-04 日 23:35:51 | URL | YCAT #- [ 編集]

YCATさん

ご教授ありがとうございます。

早速ご紹介のページを読んで見ました。

お医者さんからはほんの小さな梗塞とのことだけで詳しい説明はありませんでした。

今は血圧の薬と血流の薬を飲んでいます。

2011-10-19 水 19:31:51 | URL | tetug3 #- [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

プロフィール

tetug3

Author:tetug3
山の中の川のほとりに住む
61才。
ご近所さんはサルとクマ。
2007年5月糖尿病境界型
上位の上と診断される。
あれ?糖尿病ってことかな?
その後いろいろな情報から
自分は糖尿病だとの
自覚を得る。

2007年5月
血糖値219mg/dl HbA1c9.1%
ローカーボな糖質制限食実践
2008年5月
血糖値 94mg/dl HbA1c4.8%

2011年6月29日夜、脳梗塞になりました。幸い手足に麻痺は残らず言語障害もほとんど大丈夫でした。しゃべるのが仕事なので言いにくいところをがんばって克服中です。


ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。