スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

村の新年会

今日は村の新年会。
来年度の役員決めの後ご馳走が並び新年会です。
差しつ差されつお酒やビールをいただきつつ煮物や信州名物漬物をいただきその上おすしまで食べてしまいました。

うんまかった。

ウニマグロイカ、他には何を食べたかな、酔っ払ったのでよく覚えていません。
5,6個は食べたような気がします。

ご近所の旧制高校ご出身のおじいさんの今の日本の借金体質を改善するには国民の個人資産の凍結しかない。
などというわけの分からない講義を聴きつつ随分酔っ払って帰宅しました。

暖かいコタツで一眠りしてから、おっとっとすし食っちゃった、と心配になって計ってみると

2836.jpg

な、なんと102mg/dlでした。

なんという不思議。
普通のビールを飲んだのにです。
しかもすし。

宴会だったのでだらだら長時間食べていたからでしょうか。
差しつ差されつゆっくり飲んでいたからでしょうか。
ご近所の皆様と楽しく過ごしていたからでしょうか。

宴会時間2時間弱。
昼寝一時間ぐらい。

食後2時間半ぐらいの血糖値です。

これなら普通に宴会大丈夫かな。

ちょっとうれしい今日の宴会でした。

2010.01.10 | | Comments(8) | Trackback(0) | ローカーボ

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2010-01-20 水 17:41:57 | | # [ 編集]

Re: はじめまして

みうパパさん始めまして。

というかブログ読ませていただいています。
いつも読んでいるばかりですいません。

> 先日、山形の母が来た時にわらびの炒め物を作ってくれて、食後の血糖値を測ったら、逆
> に落ちました。恐るべき山菜パワーです。

すごいですねわらびパワー。
春になったらぼくも試してみます。

> 送料込みで100枚が6800円、200枚が12300円です。まだサイトには上げていませんが、ご興味がございましたら、メールをいただけるとありがたいです。

お誘いありがとうございます。
お安いですね。

でもそんなにしょっちゅう計っているわけではないので100枚200枚単位だとぼくの場合期限切れになるかも、です。
ちょっと考えて見ます。

これからもよろしくお願いいたします。

2010-01-21 木 15:03:32 | URL | tetug3 #- [ 編集]

はじめまして

はじめまして。
てつじいさんの人間らしさに共感しつつ、いつも読ませて頂いています。

私は病院にかかってないので、自己分析で境界型だと思っているものです。
空腹時は90台から120台、暁現象ありです。
食後は最高250近くを出したことがあります。

焼酎を飲みながら炭水化物を摂るといつも90台から120台でおさまっています。
昨夜は糖質100以上を摂ったにもかかわらず、1時間値が115でした。
ネット検索してみたところ、肝臓がアルコール分解にいそがしくて糖新生をしないからだと書かれていました。
だからインスリンを打っている人や血糖を下げる薬を飲んでいる人は低血糖になる可能性があると。

ここで疑問が。
てつじいさんや私のように服薬なしで、アルコールを飲んだ時に血糖値が正常値を出すということは、もしかしてインスリンは正常に出ているものの、食べ物から血糖が供給されはじめても、肝臓の故障で糖新生が止まらないために食後高血糖を招いてしまうということなのでしょうか??
高血糖を下げようとまた膵臓が頑張ってインスリンを出すものだから結局は膵臓が疲れてしまうのだけれども、糖新生さえ正常に作動してくれれば糖尿病完治ということになりませんか?

暁現象も糖新生の仕業だと思いましたが、膵臓が弱ってくると肝臓での糖新生も狂ってくるということなのでしょうか?
それだと完治は無理ですよね。

アルコールを飲んで糖新生をストップさせた時、正常な血糖値が出るということは、正常値を保つだけの(正常人と同じだけの)インスリンは出ているということですよね!?

よろしければてつじいさんのご意見をお聞かせください。

2010-02-15 月 09:52:55 | URL | momo #- [ 編集]

momoさん

はじめまして。
返事が遅れて申し訳ありません。
東北地方に仕事に行っていて17日の夜遅く帰宅いたしました。
昨日と今日とバタバタしていてやっと本日午後になってパソコンを開くことが出来ました。

さて糖新生のことぼくも大変興味があります。

人間の体には糖しか利用できない赤血球などの組織があるようで糖新生は生命を維持するための重要な働きだと思います。

脳も血糖値が下がると大変なことになるらしくwikiによれば、血糖値が50mg/dlを下回ると、大脳のエネルギー代謝が維持できなくなり、精神症状をおこしはじめ、さらには意識消失を引き起こし、重篤な場合は死に至る、とのことです。

血糖値が下がったときはグルカゴン、アドレナリン、成長ホルモン、コルチゾール等の血糖値を上げるホルモンが準備されているのに血糖値が上がったときには直接筋肉に取り込むように運動をするかインスリンに頼るかしか対処する方法がないのです。

健常者ならばグルカゴンとインスリンの働きで絶妙に血糖値のバランスを保っているのですがぼくのような糖代謝機能に異常がある場合には困ったことになります。

健康な方ならば食事後すぐにインスリンが放出されて血糖値の平衡性を保つようなのですがぼくの場合すぐにはインスリンが出てこないようなのです。

wikiによれば、食事後血糖値が上昇すると、グルコースはGLUT2トランスポーターまたはGLUT1トランスポーターを通って膵臓のランゲルハンス島β細胞に流入する。グルコキナーゼ(膵β細胞と肝臓にしか発現しない)の作用によりグルコースがグルコース6リン酸になると、細胞内にカルシウムイオンの流入が起こりインスリンが放出される、とありますがこの過程のどこかに欠陥があるようなのです。

また、インスリンは肝臓でのグリコーゲン合成を促進し、糖新生とグリコーゲン分解の双方を抑制する、とありますからインスリンが出てこないと糖新生も抑制されないことになります。

ですから

>肝臓の故障で糖新生が止まらないために食後高血糖を招いてしまうということなのでしょうか??

とのことですが肝臓の故障というよりインスリン代謝機能の故障と言った方がいいかもしれません。

ぼくの場合糖質たっぷりの食事、つまり普通の食事をしたときには3時間から4時間たったころにドバッとインスリンが出てくるようです。2時間以上高血糖状態が続いた後ジェットコースターのように急激に血糖値が下がります。反応制定血糖のようなちょっとめまいがする低血糖状態になります。空腹感もすごいです。

>糖新生さえ正常に作動してくれれば糖尿病完治ということになりませんか?

>暁現象も糖新生の仕業だと思いましたが、膵臓が弱ってくると肝臓での糖新生も狂ってくるということなのでしょうか?

糖新生は生命維持に必要不可欠だと思いますのでこれがいかれてくるということはまた別な次元の病態だと思います。糖新生の問題というよりも血液の中の糖質量を制御する側の問題だと思います。

お酒を飲んだときの血糖値が正常に保たれているのはやはり糖新生を抑制しているからだと思いますけれどその他にもインスリンを放出するまでの過程の中で何らかの作用をしているのかもしれません。

お酒を飲む前に食べ始めるのとお酒を飲んでから食べ始めるのとでは血糖値の上がり方下がり方がちょっと違うように思います。

momoさんの様に血糖値が正常に保たれているといいですね。
食後 250mg/dlまでいかれたとのことですが食後2時間はいかがでした。140mg/dl以下なら正常なのでご心配なさらなくても大丈夫だと思います。

でもご自分で境界型だと自覚されSMBGをされているのは将来にとってとても良いことだと思います。病院に行っていらっしゃらないとの事ですがたまにHbA1cの値を知っておくのも将来に向けての予防だと思います。

>アルコールを飲んで糖新生をストップさせた時、正常な血糖値が出るということは、正常値を保つだけの(正常人と同じだけの)インスリンは出ているということですよね!?

インスリンは出ていると思います。
ただぼくはインスリン量の検査はしたことがないのでどのくらい出ているかは不明です。

ぼくの糖尿病はインスリン抵抗性によるものだったので体重を標準まで落としたら良くなっちゃいました。でも高血糖状態が続いていたときに不具合が生じたさまざまなことが今でも残っています。高血糖に対する反応の悪さ、これ何とかならないものでしょうかね。これさえ良くなれば糖尿病は治ったといえるんでしょうけれど・・・。

まあとりあえず今の自分の体が処理できるだけの糖質量の食事をしていこうかなと思っています。先は長い。

momoさんもご自愛くださいませ。


さてそれでは今日の飲酒タイムの始まりです。

失礼します。

2010-02-19 金 20:01:30 | URL | tetug3 #zR5beua6 [ 編集]

ありがとうございました

てつじいさんのお返事を読まさせていただいたら、自分の質問の稚拙さに恥ずかしくなりました。
なのに、こんなに丁寧にお話しくださって、ほんとうにありがとうございました。

ちょっと難しくて(GLUT2トランスポーター…のあたりとか)仕組みのすべてを理解できたとは言えない状態ですが、糖新生もインスリンが関係していることはわかりました。
残念です。

アルコールを飲むタイミングですが、焼酎を飲んだのに普通に血糖値が上がってしまったことがありました。
記憶にありませんが、炭水化物を先に口にして、その後に焼酎を飲んだのかもしれません。
てつじいさんがおっしゃるように、飲むタイミングも大切かもしれませんね。
どうせ飲んで食べてするのなら、先に少量でもアルコールを入れておいたほうがいいかもですね。



わたしは現在無保険なので(^_^;)病院にはできる限りいかないつもりで生活しています。
でもてつじいさんのおっしゃるように自分の今の状態を知っておくのは大事だろう、と思う反面、結果を知るのが怖かったりと、日々心は揺れ動いています。
ヘモグロビンA1cが郵送で調べられるというキッドを買おうかなと思ったりもしています。



かなり前にたまたまドラッグストアで血糖測定機が売られているのをみて、甘い物好きだったことから興味本位で買ったのがはじめで、でも空腹時血糖値さえ測ればいいと思っており、忘れたころに測るくらいでした。
それが、1年ほど前に新聞で食後高血糖という状態があることを知り、誕生日にケーキやらご馳走をお腹いっぱい食べた後に、そうだ測ってみようと測ったらみごと200超え(213)で、そりゃもうすごいショックで。

それから救いを求めてネット検索しまくって江部先生のブログにたどり着き、てつじいさんにも巡り合えたというわけです。

糖質をたくさん摂った時の1時間値が200超えでも2時間値はほとんどは200未満(140以上)です。
が、健常者は最高値がせいぜい160くらいまでのようなので、境界型以上は確定だと思っています。

糖尿病かも知れないと思った時、これから何をどうすればいいのかさっぱりわかりませんでした。
テレビで糖尿病を取り上げても、運動しましょう、バランス良く食べましょうというだけで、曖昧すぎてただ悪化の一途をたどるんだという恐怖が残るだけでしたが、糖質制限の考え方はわかりやすくて納得して取り組めますし、糖質の量を把握し自分の適量がわかっていれば何でも食べられるのもうれしいところです。
ネット検索できる時代で良かったとつくづく思います。



てつじいさんが出掛けられていることは知っていましたが、思いたったら即行動で書き込みさせていただきました。
そのためにせかしてしまったようで申し訳ありませんでした。


てつじいさんのブログは敷居の高さを感じさせないし、時に羽目を外すとこなど親しみやすさがあって、いつも楽しく読ませていただいています。


これからもよろしくお願いします(^^)v





2010-02-20 土 02:34:49 | URL | momo #- [ 編集]

momoさん

食後2時間値が140mg/dlを越えていると境界型ですね。

HbA1cを知る方法としてHbA1c=(血糖値+66.1)/31.7という計算式があります。

でもこれはそもそもHbA1cが2,3ヶ月の血糖値の平均ですからあんまり意味はないですけど血糖値を頻繁に計って平均値が出ていればある程度有効かもしれません。

でもまだ境界型ですから引き返せるかもしれない!!

糖質量に注意した食生活をしていれば来年の今頃は全然別な体になっているかもです!!


ご自愛くださいませ。

2010-02-20 土 09:59:08 | URL | tetug3 #zR5beua6 [ 編集]

でもまだ境界型ですから引き返せるかもしれない!!

糖質量に注意した食生活をしていれば来年の今頃は全然別な体になっているかもです!!


ありがとうございます(^O^)/
たとえ気休めでもそう言っていただけるのってうれしいもんですね。



正常人に戻りたい、というのが一番のねがいです。
でも、わたし今の食生活は嫌いじゃないです。
人と食事をするときに不便は感じますが、切りなく甘いものを食べていた自分から離脱できたし、お腹さえ満たされればいいと思っていた食生活を根拠つきで見なおすことができたからです。
糖尿病と言えばつらい食事制限のイメージがありますが、私の場合は食生活がかえって豊かになりました。
食費は少々アップしましたが(-_-;)

生理前の甘いものが無性に食べたくなる衝動期はアルコールで問題解決できるし、ラカントSや糖質0食品がどんどん増えてるし。
だから楽しみます!


それとA1cの計算方法ですが、せっかく教えてくださったのに申し訳ないのですが、測定用チップもばかにならないので、気になる時くらいしか測っておらず、結果役に立てれそうにありません。すみません。


東北でのお話、楽しみにしています♪

2010-02-20 土 13:24:11 | URL | momo #- [ 編集]

momoさん

測定用チップお高いですよねえ!!

ぼくの小遣いでは一ヶ月に一箱(30個入り)を買うのがせいぜいです。

甘いものラカントでプリンを作るとほとんど糖質なしで造れます。

カラメルはラカントではガリガリになってしまうので砂糖を使いますけれど。

2010-02-21 日 10:21:57 | URL | tetug3 #zR5beua6 [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

プロフィール

tetug3

Author:tetug3
山の中の川のほとりに住む
61才。
ご近所さんはサルとクマ。
2007年5月糖尿病境界型
上位の上と診断される。
あれ?糖尿病ってことかな?
その後いろいろな情報から
自分は糖尿病だとの
自覚を得る。

2007年5月
血糖値219mg/dl HbA1c9.1%
ローカーボな糖質制限食実践
2008年5月
血糖値 94mg/dl HbA1c4.8%

2011年6月29日夜、脳梗塞になりました。幸い手足に麻痺は残らず言語障害もほとんど大丈夫でした。しゃべるのが仕事なので言いにくいところをがんばって克服中です。


ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。